クレジットカードの申込やローンの審査を受ける前には、必ず個人信用情報を開示しておきましょう。

個人信用情報開示請求をして自分の信用情報を確認





ブラックリストについて

俗にブラックリストと呼ばれるこのリストは、一体どういいうものなのでしょうか?


この言葉にあまり馴染みのない方でも、良い印象を持つという方は少ないでしょう。

また、破産をした人が載っているリストだろうという漠然とした認識を持っている方もいらっしゃるでしょう。


しかし、ブラックリストというものは存在しません。

ブラックリストと呼ばれるものは、正しくは信用機関に登録される事故情報のことを指します。

もしくは、信用情報機関に事故情報として個人情報が蓄積されることを砂州場合もあります。


では、どういうものが事故情報になるのかというと、交通事故のようなものではなく、金融に関する事故のことを言います。

信用情報機関に登録される金融事故は、大きく分けて「延滞」「代位弁済」「債務整理・自己破産」「強制解約」という種類に分けられます。



延滞

事故情報として登録される中で一番多いのが延滞です。

延滞とは、ローンの支払いを返済期限までに行わないことを指します。

信用情報機関には、多くの場合3カ月以上の延滞で事故情報として登録されるといわれています。


延滞自体は、遅延した支払いを返済することで解消されますが、事故情報として登録された情報はすぐに消えることはありません。



代位弁済

代位弁済とは、金融機関から保証会社の保証つきで借りた債務を返済できない場合に、保証会社が金融機関に対してその返済を肩代わりする制度です。

延滞が長期間に渡った場合などに金融機関側が代位弁済を執行します。


保証人(保証会社)を付けないクレジットカードやキャッシングなどの場合はこの措置は取られることはなく、住宅ローンのような保証会社を付けることを要求されるようなローンに対して発生します。



債務整理

私的整理(任意整理)や法的整理(自己破産、個人再生、特定調停)などの債務減額措置を行うことを債務整理と言います。

信用情報機関へは、契約内容に関する情報のほか、延滞情報や債務整理の事実が事故情報として登録されます。



強制解約

強制解約とは、クレジットカード会社、キャッシング会社、携帯電話会社などから長期の延滞により支払いの催促があるにも関わらず、その後も返済をせずにいると強制的に解約される措置のことです。

信用情報機関へは、契約内容に関する情報のほか、通常の「契約終了」ではなく、「強制解約」や「強制退会」として、その事実が記録されます。



以上のように事故情報として登録がされているかどうかは、各信用情報機関の「本人開示制度」により、開示手続をすれば自分の情報を確認することができます。

少しでも心当たりがある方は、信用情報機関へ情報開示請求を行うことをおすすめします。



ページトップへ