クレジットカードの申込やローンの審査を受ける前には、必ず個人信用情報を開示しておきましょう。

個人信用情報開示請求をして自分の信用情報を確認





携帯電話会社と信用情報

近年、スマートフォン・携帯電話の購入方法として割賦での購入が一般的となっています。

信用情報の1つである割賦販売での利用履歴には、スマートフォン・携帯電話端末本体の分割払いも含まれます。


スマートフォン・携帯電話端末の分割払いは、「個別信用購入あっせんによる立替払い契約」となり、いわゆるクレジット払いになります。

「個別信用購入あっせんによる立替払い契約」とは、顧客が携帯電話を販売店から購入する際に、携帯電話事業者が客に代わって、頭金を除く購入代金を販売店に立替払いをする、という契約です。


その際、携帯会社各社は、ユーザーの支払い能力を把握するために、信用情報機関に登録されている信用情報を照会します。

そして、その信用情報履歴に事故情報などの登録がなく、支払い能力ありと判断された場合は、割賦で携帯電話を購入することが出来ます。



以前に、金融機関でお金を借りたことのある方は、申し込む前に事故情報が登録されていないか確認することは大事ですが、割賦購入をした場合注意しなければならないのは、毎月の機種代金の支払いの遅延です。



携帯電話料金の分割払い後の遅延

分割払いでの機種代金は、毎月の電話代請求と一緒に行われます。そのため、電話代の支払いが滞った場合は、クレジットの支払い遅延となります。

一般的に支払いの遅延が、3ヶ月以上続くと、事故情報として個人信用情報機関(CIC)へ登録されます。


この支払い遅延による事故情報(異動情報)の登録は年々増加しているようです。


携帯電話の分割払いを遅延することで事故情報として登録されると、様々なデメリットが生じます。



一度、支払い遅延により事故情報として信用機関に登録されると、支払い遅延が解消されてから5年間は登録され続けます。


つまり、その間は、新たにクレジットカードを契約したり、ローンを組んだりすることは出来ません。


そのため、金額は少額であっても、事故情報として登録されるという事実を正しく認識し、支払いの遅延が内容に注意する必要があるのです。


携帯電話会社による誤登録

2012年には、携帯電話の延滞により事故情報として登録された数は、前年の約6倍にものぼりました。

しかし、これは単に携帯電話料金を延滞する人の数が増えたわけではなく、携帯電話大手ソフトバンクモバイルが、きちんと支払っている一部の契約者に対し「滞納している」と誤って登録していたためです。

誤登録が発覚したのは顧客からの問い合わせを受けた3月で、2013年10月1日にその事実が同社より発表されました。


このミスで誤って登録された「滞納情報」は6万3133件にのぼります。そのうち実際に、クレジットカード契約やローンの審査などで誤登録の影響が出た可能性がある件数は1万6827件とされています。

なお、2013年、8月末までに正しい信用情報に修正済みだそうです。


ページトップへ